月別: 2018年8月

デリケートゾーンの黒ずみがホワイトニングで改善された!

デリケートゾーンの埋没毛が、気持ち悪くて仕方ありません。
かなり長く伸びてきて、皮膚の上から透けて見えるので、どうしてもほじくりたくなってしまいます。

今までに、何度か埋没毛をほじくって、出したりしたことがあります。
出したときはすっきりしたのですが、そのあとに皮膚が赤くなったりするなどのトラブルが起こりました。
ほじくるのは、自分の爪とか、あとは毛抜きや、針のように尖ったものです。絶対にやってはいけないと思っているのですが、気になってしまう性格なので、ほじくってしまうんです。
埋没毛を放っておくと、赤く腫れてしまい、痛くなる場合も多いです。
あと、化膿して白っぽい膿がたまっていることもありました。そういうときも、「早く埋没毛を出してしまったほうがいいのでがないか?」と思い、ほじくってしまいます。

埋没毛をほじくって、良かったことはほとんどありません。
デメリットが大きかったのですが、気づいたときには時すでに遅しという感じでした。
ほじくったところは、爪で深く傷をつけてしまったり、毛抜きの尖った部分でひっかいてしまったことがあったので、しっかりと色素沈着になって残っていました。
なので、私のデリケートゾーンには、小さなシミがたくさんあります。
これも、自分が埋没毛が皮膚の外に伸びてくるのを、待てずにいじってしまったからだと思います。
埋没毛を出すときに、深くもぐりこんだ毛も引き出そうとして、ついつい皮膚も深くまでほじってしまう方もいらっしゃるかと思います。
私も、血がぷくーっと出てくるまで、ほじくったことが何回もあります。
でも、これは肌に悪いだけでなく、衛生的にもかなり危ないことなので、やめたほうが良いです。
私自身も、血が出るまでやるのは避けるようになりました。

でも、安心してください。
埋没毛によって黒ずみが出来てしまったら、ホワイトニングで改善できますよ。
<<http://xn--eckyab6c1bhcy5l0f9b4bf1jc.com/>>

Categories: blog